ボイストレーニング活用法!~実践ボーカルレッスン~

プロのボイストレーナーが実際のレッスンで行っている役立つメニューを公開!プロから音痴まで歌を教えてきて、使えて効果のあるボイストレーニングです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は久々のボイトレ。

僕はよく「声は筋肉」と伝えています。

いろんな筋肉を活用して「息が声」になるんですよね。

今日は「本当に声は筋肉なんだな~」って
実感した話を書きますね。


ある生徒さんなんですが、
入校した当時は、本当に声が小さくて
会話も耳を傾けないと聞こえないくらい。

なので、歌も全然声が出ていなくて、
声域も本当に少なく、特に高音は出てませんでした。

最初はレッスンしてもなかなか変化はすぐには
現れませんでした。

ただ、少しずつ出るようになってきていて
数年経った今では、いままで歌えなかった曲も
ちゃんと声が出るようになってきました。


レッスンで、たまたま「声出るようになったね~」って
話になり、昔の話をしてくれたんです。

中学、高校と学校にあまり馴染めずに
会話自体をほとんどしなかったんだそうです。

もちろん歌も歌ってないし、
普段から声を出してなかったんですね。

それが、あるストリートライブを見て
「かっこいい!!あーなりたい!!」って
思ったのが、歌を習い始めたきっかけだそうです。

これを聞いて、
「やっぱり声って筋肉なんだな~」ってまた実感しました。

本当に入校当時は、ほとんど声が出てなくて
「大丈夫かな?」って思ったくらいでしたもん。

それが今では、
音域も倍くらいに増えて、いろんな歌を歌ってます。

昔は歌いたくても歌えなかった曲も歌えるようになって
とっても楽しんでくれています。

身体は使わないと成長しないんですよね~。
ただ、使えばちゃんと反応してくれる。

やっぱり声は筋肉です。

特別なメニューをしたわけでなく、
その生徒さんはただ歌った回数を増やしただけみたいです。

もちろん腹式などは教えてますから
多少は意識してると思いますが、本人は「ただ歌ってただけ」って言ってます。

 
声は使えば鍛えられる。

そして、歌いたい歌まで歌えるようになる。


あなたも好きな歌をたくさん歌って見て下さい。

今は、「う~ん・・・」って思っても、
きっと出るようになってきますから(* ̄▽ ̄*)ノ"


僕の著書「得する声 損する声 ~即効で実感できる7つのボイストレーニング~」 発売日1日で売り切れになり、アマゾンランキング3部門で1位を獲得!!

◆僕の作った声が出る商品!「ビューティーボイストレーナー」
「うわー!!声が出る!」と大好評( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 現在、約6万個も売れてます!


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
スポンサーサイト
連ちゃんでボイトレです!!

お~先生らしい( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

前回、声を安定させるには、息を安定させることが
大切ですよ。ということを書きました。

「SU~~~~」や「リップトリル」は、なるべく
長い時間続けてくださいね。

それだけでも、声はかなり安定しますから( ̄  ̄) (_ _)うんうん


今日は、声を出して欲しいのですが、
ただ声を出しても面白くない。

どうやって声を出すのかというと、
声を出す時に、極力息を出さないように声を出して欲しいのです。

( ̄ー ̄?).....??アレ??

伝わってます?


さんざん息の練習させてきたのに
声を出す時は息を出さないように出すんです。

息の練習をして、息が出すようになると
声がとってもスムーズに出るので、それに声が
のっていい感じに声が出てきます。

ただ、そこに甘んじない( ̄ー ̄)ニヤリッ

最初はいいです。

おっ声出る!!って感動して下さい。


ただ、その後は、
声を出す時は極力息を出さないように声を出して欲しいのです。

実は、安定していない声は息が揺れていて
しかも息がもれている可能性が高い。

息が安定しても、息が漏れていると声がゆれて聞こえてしまいます。

僕は、「のどの支え」と言ってますが、
なかなか文章で書くのは難しいのですが、
でも書いてるんですが、
何回も言いますが、


「声を出す時に極力息を出さないように声を出す。」


って意識して声を出して欲しいのです。

きっと息を意識した声と、していない声は声が違うはずです。


のどが絞まったような声になるかもしれません。
それは近いです。

ただ、力は抜いて下さいね。

リラックス、リラックス。( ̄▽ ̄)

支えはお腹でやるということは良く書いてありますが
のどでも支えるといい声になるんです。

イメージとしては、声を一点に集めてポイントを決めて声を出す感じ。


書くと難しいな~。

わからない人は、体験に来て!!ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

声は意識すると間違いなく変わるので
息が少ない集まった声を出してくださいね。

その声をロングトーンです。

この声がロングトーンで安定したら
もうばっちり!!

あなたは、安定した声の持ち主です!!

がんばれ~(* ̄▽ ̄*)ノ"


僕の著書「得する声 損する声 ~即効で実感できる7つのボイストレーニング~」 発売日1日で売り切れになり、アマゾンランキング3部門で1位を獲得!!

◆僕の作った声が出る商品!「ビューティーボイストレーナー」
「うわー!!声が出る!」と大好評( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 現在、約6万個も売れてます!


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
はい。

久しぶりです。

ボイトレのこと書きます。(6 ̄  ̄)ポリポリ

なんてたってこのブログのタイトルが
「ボイストレーニング活用法」だからね~。( ̄∇ ̄)

今日は、声を安定させるには です。

声が安定していないと、音程もブレやすいし、リズムすら影響します。

ちなみに、安定していない声は、
揺れたり、かすれたり、ひっくり返ったり、
自分ではきれいに出したいと思っても出ない状態。

どんな人も、声をわざと不安定に出している人はいませんよね。

なぜか揺れたりして不安定になる。

困っちゃいまっすよね~( ̄  ̄) (_ _)うんうん


そんなときに、つよい味方が~~~
「ビューティーボイストレーナー!!」ヾ(--;)ぉぃぉぃ宣伝かい・・・

まじで、ビューティーで解決なんですが
ちゃんとお教えしますよ~( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

まず、声が揺れてしまうということは
息が揺れていると仮定できます。

そして、息が揺れてしまうということは
筋肉が衰えている事に繋がるのですが、
息が衰えているのかどうかは、「SU~~~」と息を出して
確認して見て下さい。

「す~~~」と有声音で声を出すのではなく
「SU~~~」と無声音で。

のど仏を触りながらやってみて、振動がきたら有声音です。

無声音は声帯を使わなく息だけなので、のど仏に触れても振動はきません。

この「SU~~~~」をなるべく長い時間
そうだな~ 15秒は続けて下さい。

15秒以内の人は、筋肉は衰えている可能性が高いです。( ̄  ̄) (_ _)うんうん


あとは、その15秒間で「SU~~~~」が揺れないこと。
無声音が安定してまっすぐ出ているかが大切です。

もちろん、意識してまっすぐ遠くにも伸びているように出してくださいね。

これが、揺れていては声は安定しません。
「SU~~」が揺れているのに声が安定しているように聞こえる人は、のどに力が入っているか
余計な力で揺れていない状態を無理に作っているだけです。

慌てないで、この「SU~~~~」でも安定感をものにして下さい。

道具も要りませんし、わかりやすい方法なので
毎日のように「SU~~~~」とやって見て下さい。

時計を見ながら、何秒までいけるか!! と記録を伸ばしながらやると
楽しくやれますよ。

目指せ1分!!

実は、長く安定して息を出そうとすることがすでに
呼吸筋を鍛えてくれているんです。( ̄ー ̄)ニヤリッ

そして、「SU~~~~」がある程度安定して
できるようになったら、やっと声帯をつけて下さい。

そうすると「ZU~~~~」という声が出ます。

これがまた不安定になりやすい。
結構の人が揺れてしまいます。

これが揺れなくなると
ちゃんとお腹から支えて声が出ていると言えますね。


もう少し簡単な方法では「リップトリル」ですね。

唇をぷるぷるさせるやつです。

これも安定感をつけるにはもってこいの方法です。


僕はレッスンで
「SU」「ZU」「リップトリル」を、かなり使います。

確認できて鍛えられてボイトレには欠かせない方法です。

これらが安定してきたら
きっとあなたの声は安定してきます。

あとは、音程をつけて声帯を鍛えましょう。(* ̄▽ ̄*)ノ"


僕の著書「得する声 損する声 ~即効で実感できる7つのボイストレーニング~」 発売日1日で売り切れになり、アマゾンランキング3部門で1位を獲得!!

◆僕の作った声が出る商品!「ビューティーボイストレーナー」
「うわー!!声が出る!」と大好評( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 現在、約6万個も売れてます!


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
久しぶりにボイトレを書きます!!

やべ~。ボイトレのブログなのにかなり久しぶり(* ̄ー ̄*)エヘッ

今日は、母音の使い方。

むか~し、このブログで母音の口の開き方も書きましたが、
今回は「歌にどう使うのか?」です。

みなさんご存じの通り、
日本語は母音発声と言われていております。

「あいうえお」か母体になっている言葉なんです。

「か」も「さ」も「ぴ」も「にゅ」も
「KA」と「SA」と「PI」と「NYU」と

日本語は全部母音がつきます。「ん」以外は。

子音に必ず母音がくっついているんですね。


僕はよく、おかあさんに子供がおんぶしている言葉と言いますが、
日本語の子音は、お母さんに必ずおんぶしてもらってできているんですね。(- -) (_ _) ウン


甘えん坊な日本語( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


ちなみに英語は、子音発声と言って、
母音がなくてもそれだけで発音されます。

自立してるんですね。(- -) (_ _) ウン
(深い意味はないですが・・・)


そこで、日本語で歌を歌っている場合
日本語なので必ず母音がついてます。

そして、その母音を上手に歌で利用してほしいのです。


たとえば、

「さいた~ さいた~」と歌詞があります。

これを上手に歌うには、たとえば、

「さぁ い たぁ~ さぁ い たぁ~」

と母音をさらにつけて歌ってみるのです。

歌詞を見てるだけではそんなこと書いてませんが
実際、ほとんどの歌手が母音をつけています。

譜面にも書いてあるのとないのがあります。


もちろん全部につけると変になりますので、
歌いながら考えて付けてくださいね。

これによって、表現力がぐっと良くなります。

たまにやりすぎる人がいるのと、勝手に付きすぎる人は、
逆に、母音をつけずに歌うとカッコよく歌えます。


また、スッキリ、テンポ良く歌いたいときはあまりつけず、
雰囲気良く歌いたい場合はしっかりつけるといいですね。


母音をつけると甘えん坊な言葉だけに
甘い感じになります。( ̄ー ̄)ニヤリッ


お試しあれ(* ̄▽ ̄*)ノ"


僕の著書「得する声 損する声 ~即効で実感できる7つのボイストレーニング~」 発売日1日で売り切れになり、アマゾンランキング3部門で1位を獲得!!

◆僕の作った声が出る商品!「ビューティーボイストレーナー」
「うわー!!声が出る!」と大好評( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 現在、約6万個も売れてます!


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。