ボイストレーニング活用法!~実践ボーカルレッスン~

プロのボイストレーナーが実際のレッスンで行っている役立つメニューを公開!プロから音痴まで歌を教えてきて、使えて効果のあるボイストレーニングです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人は、5感を使って世界を認識しています。

わかります?( ̄ー ̄?).....??


5感は、視覚、聴覚、体感覚、臭覚、味覚です。

その5感で世界を認識しているのです。


ちょっと実験( ̄▽ ̄) ニヤ

小学生5年生のときを、思い出してください。
あなたは、学校で給食を食べています。
その日の給食はあなたの大好きなおかずで、いい匂いが漂ってきました。
とても好きなおかずなので、もうヨダレもんです。
そして、教室のみんなも好きなおかずで、みんなワイワイと喜んでいます。
自分もとてもうれしく、給食を頂きました。


さぁ思い出しましたか?

きっと、自分が小学校のときのイメージが出てきて、
教室や大好きなおかずが、映像で出てきたかもしれません。
友達のワイワイする声が聞こえてきたかもしれません。
もしかしたら、匂いや味まで感じたかもしれません。

このように、イメージや考えは5感で表せるのです。
もちろん、外部のモノも5感で理解してます。


そして人は、この5感に優位性を持っていて、使い慣れた感覚で日々生活をしています。

例えば、歌は、コミュニケーションの1つで、詞の世界を伝えることが大切です。
その時に、映像を思い描いた方が、歌に入りやすい人や、音をしっかり聞いた方が入りやすい人や、何か体に感じることを意識した方が入りやすい人など、どの感覚を優位にしているかを知ることによって、歌に入れてしっかり歌え、伝えることができるのです。


さぁーあなたはどの感覚が優位ですか?

歌う前に試しながら、自分を知っていこう(* ̄▽ ̄*)ノ”


●僕の作った声が出る商品!ビューティーボイストレーナー歌う人や声使う人には必須ですよ。
( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
スポンサーサイト
アイズの2号校。名古屋駅前校がほぼ完成!!d( ̄∇ ̄*)oグッ!

10月27日(土)から体験レッスンできまっせ!

今なら、開校記念で体験レッスンがワンコインの¥500!!
たっぷりの1時間でしっかりレッスンするよ。
声の専門校だから、声や歌に悩んでいる人には、もってこいかな。
プロ志向の人には、プロコースもあって、プロの歌唱力を身につけてね。
受付
受付はこんな感じ。写真の人物は、フッキー! 鶴舞校の曲の魔術師です。
あやしいなぁ・・・( ̄  ̄;) うーん

そしてトイレ!!
名駅校のトイレ
これ勝手に電気ついて、音姫もついてて(男性分かる?僕は知らんかった(  ̄O ̄)ホー)
近付くと勝手に便器オープン!! うれしいよ!勝手に開くと。なんか便器が「どーぞどーぞ。」って誘ってる感じ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


体験に興味ある人は、「052-323-3487」へ電話するだけ。
あとは受付にお任せください。(* ̄▽ ̄*)ノ"

更に詳細は名古屋駅前校詳細HP←クリックしてみてね。


●僕の作った声が出る商品!ビューティーボイストレーナー歌う人や声使う人には必須ですよ。
( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
もうすぐ名古屋駅前開校で、準備に忙しく走り回っています。

そんな中、風邪も引いてしまい、さらに足の薬指を壁の角にぶつけて、荷物運ぶのがチョットつらい感じで、頑張っております。痛い(T-T*)フフフ…

でも、名古屋校は、ほとんど完成なので、それを見ると、疲れがぶっ飛びますね。

とってもいい感じ( ̄▽ ̄) ニヤ

トイレもキレーだし、入ると勝手に電気ついて、勝手に便座が上がる!

いやーうれしいです。今度写真アップしよ。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


そんで、今日は、声のクセについて。

今日の生徒さんは、ちょっとクセのある人で(声にですよ( ̄ー ̄)ニヤリ)、それを何とかしたいとのことでした。

自分のクセを知るには、録音が一番!
まず、歌ってもらい声を録って聞いてもらいました。

その時に、注意ポイントがあるのですが、大体の人が「えーこんな声なのーやだー」と言います。

その気持ちは分ります。
慣れていない人ほど、自分の声を嫌がります。

だって、自分が思ってた声じゃないから(6 ̄  ̄)ポリポリ

自分が自分の声だと思っている声って、他の人が聞いている声と違うんですね。
世界に1人しか自分の声は聞けないんです。録音した自分の声が、自分以外の人が聞いている声で、周りの人は、その声をあなたの声だと思っています。

なので、その録音した自分の声を、「自分じゃない」と思って聞くことが大切です。

自分を客観視する。

人って自分に厳しいし甘いから、客観視することで、冷静に評価できるのです。

なので、録音した声を聞く時は、「これは他人だ!これを聞いてこの人がどうしたら良くなるか聞こう!」と完全に自分から切り離してから聞いて下さい。

クセが強い人ほど、意識してか、無意識か、それで歌うと歌は上手って思っているはずです。それか、歌はこう歌うものだ。と思っているはずです。

実際、クセが声の色も特徴も決めるから大切なんです。

ただ、わかって無い人も多いのです。
もしくは分っていてもやめられないか・・・
(これも無意識がいいと思っているんですけどね。)

なので、まず、自分のクセを客観的に分析が大切!
良い悪いではないんです。

で、今日の生徒さんも、クセに気づいて、直して言ってたから、ワンフレーズずつ直していきました。

あとは、繰り返し。

クセは、なかなか取れないから、新しくクセを付け直すつもりで挑むとよくなりますよ。(* ̄▽ ̄*)ノ"


●僕の作った声が出る商品!ビューティーボイストレーナー歌う人や声使う人には必須ですよ。
( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
今日は、レッスンの話。

なんか久しぶりな感じ・・・v( ̄ー ̄)v

久しぶりに来た生徒さんで、歌も久しぶりに歌ったそうです。
ヤッパリ声を出してないとなかなか声って出ないんですよね。


そこで、息レン!
息のトレーニングです( ̄ー ̄)ニヤリッ

やはり声は息が大切!

息がしっかり流れると声も乗ってくるのだ( ̄∇+ ̄)vキラーン

今日の生徒さんはリズムも苦手なところもあって、リズムも一緒に鍛えるレッスンをやりました。

息を声に乗せるために、お腹から支えて息をまず吐きます。
そのために、「Su(i)~」と息を吐きます。

「s」は摩擦音で、息が摩擦した音を出す感じで息を吐きます。

分ります?

歯は閉じて、にっこりスマイル!!
舌は下の歯の裏につけて、息を強く流します。

そうすると、息はたくさん出たいのに、歯で止まって、歯のすき間から「su~」って音が鳴るように息が出ます。

そして、お腹は勝手に支えられて、膨らみながら凹むのですが、お腹が膨らむ感じで吐けると最高です。

これをまず、ブレスして、1.2.3.4.のカウントに合わせて「su」「su」「su」「su」と4拍息を強く吐きます。

これをしばらく繰り返します。

リズムを感じて、しっかり切りながら吐きます。

声はこれだけでも出るようになりますが、リズム感も養う為に今度は8拍で「su」を8回合わせます。

テンポは変えないで下さいね。
今回は「70テンポ」でやりました。

さらに、リズムを細かく16拍にします。

これが難しい( ̄ー ̄)ニヤリッ

「SU」が細かく切れないのですね。

生徒さんも、かなり苦戦していて何回も何回も挑戦して、何とかついて来ましたが、あとは宿題にしました。

ただ、この後、歌ってもらいましたが、声も出るし、軽やかに歌えるようになっていました。

大成功( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!

そのレッスンがしっかりできなくても、ちゃんと効果は出るんです。
まずは、試してみることが大切。

できないことは失敗ではないですからね。

いいレッスンができました。ありがとう(* ̄▽ ̄*)ノ"


●僕の作った声が出る商品!ビューティーボイストレーナー歌う人や声使う人には必須ですよ。
( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
この前、発表会が無事終わったのですが、アイズでは、もうすでに次回「第15回アイズライブ」の募集予告をしております。

「早!!」って生徒さんによく言われるけど、3月だから、出る人は、早目の準備が大切ですからねv( ̄ー ̄)v

10月中に募集するから、出たい人はチェックしてね。


で、こないだレッスンで、僕の生徒さんが、「今回初めて挑戦したい!」って言ってくれている生徒さんがいて、一応候補曲を持ってきたのですね。

もちろん、まだあまり覚えてなくて、そんなに歌えてなかったのですが、僕が注意して言っていることがあって「まず、どんなステージにしたいかイメージして」って言ってるんです。

曲選びって意外と大変で、なかなか決まらないんですよね。

なので、今回は、まだ出場が決まる前から選ぶことにしたのですが、やはり悩んでいて、「先生決めてほしい。」とも言われましたが、僕は、基本は、生徒さんに決めてもらってます。

ステージに上がるのは、生徒さんだし、歌うのも生徒さん。

決定権をゆだねたい気持ちも分りますが、まずは、「どんなステージにしたいか?」をしっかり考えてもらいます。

その上で、「こんなステージにしたい!」って感じに近い曲を選んで行き、決めていく。

当たり前のことかもしれませんが、人は悩むと、悩みが深くなるほどに人に頼りたくなるんです。

もちろん頼ったっていいんですけど、知ってる事は教えますが、決定はしません。

悩みが深いとつらいから早く抜け出したいし、楽になりたいけど、深く悩んだことから得る事ってすごいその人の成長になってるんです。

確か、斉藤一人さんの言葉で「深い井戸ほど、キレイな水が出る」って話しがありますが、同じようなことだと思います。

最初は「何がしたいか?」「どうしたいか?」これが大切です。

それが、感じるレベルまでイメージできたら、その目標はきっと叶う。


今日から講座が始まるから、そっちの話題になっていっちゃた( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

講座も満員御礼で、とてもうれしいです。
ありがとう。頑張ります。(* ̄▽ ̄*)ノ"


●僕の作った声が出る商品!ビューティーボイストレーナー歌う人や声使う人には必須ですよ。
( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。