ボイストレーニング活用法!~実践ボーカルレッスン~

プロのボイストレーナーが実際のレッスンで行っている役立つメニューを公開!プロから音痴まで歌を教えてきて、使えて効果のあるボイストレーニングです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、すげー「塔」を見つけました!


ほー。

おもしろい。


( ̄O ̄;) ウォッ!



何がすげーって?



知りたいですか?





( ̄m ̄〃)ぷぷっ!





これです!
お菓子の城
アリガ塔


これは、犬山にある「お菓子の城」っていうお城なのですが、
そのお城の上に「アリガ塔」って看板がババーーーン!と掲げてあるのです!(゚□゚*)ナニーッ!!

今、犬山でラジオやってるし、ちょっと行って見よって思って行ったのですが、
楽しかった~(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

本当にお城の中は、お菓子で出来たお城や「まじ!これお菓子!?」ってものまで、たくさん展示してあって、感動でした。

お菓子作りも体験できて、ここはオススメですね。(- -) (_ _) ウン


本当に「ありがとう」がいっぱいなお城でした。(* ̄▽ ̄*)ノ"


◆僕の作った声が出る商品!「ビューティーボイストレーナー」
「うわー!!声が出る!」と大好評( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 現在、約5万個も売れてます!


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  

スポンサーサイト
前回は、「緊張を良い体験をたくさんして脳をだまそう」って書きました。

今日は「緊張パート3!」

いろいろ書きましたが、やっぱり緊張の状態を脱したい!って思いますよね。

なので、今回は緊張をリラックスにする効果的な方法を書きます。

緊張しているときは、呼吸が浅くなり、脳も緊張するためのホルモンを出しています。
自分のためにそういう状態を作ってくれているのですが、緊張しすぎるといいパフォーマンスができない状態になってしまいます。

いいことでも、「しすぎる」っていかんのですね。

そこで、また脳ををだましてみましょう( ̄m ̄〃)

例えば、
うれしくなくても笑顔になると脳はうれしいホルモンを出すって知ってますか?
口角を上げるだけでも効果はあるそうです。

脳って簡単にだませるんですね~。

そして、緊張をリラックスしている状態に近づけるだまし方。

それは「呼吸」です。

緊張しているときは、心拍があがり、体が力みます。
それをとろうと思っても、意識ではどうすることもできません。

「はい。心拍早くして、遅くして」って言われてもできませんもんね。

緊張しているときは、自律神経の交感神経が優位になっています。
そして、リラックスしているときは、副交感神経が優位になっています。

その神経をコントロールできる方法が「呼吸」なのです。
呼吸で神経の違いを知ってコントロールします。

息を吸ってきるときは、交感神経が優位で、
吐いているときは、副交感神経が優位なのです。w( ̄o ̄)w オオー!

てことは!


そうです!


リラックスする為には、なるべくゆっくり息をゆっくり吐いてあげるといいのです。
短めに息を吸って、長めにゆっくり吐く。

このときに、たくさんの息を使って、リラックスする為には、「腹式呼吸」が効果的です。

ゆっくり腹式を繰り返していると、脳が「あれ?体がリラックスしているぞ!」って思ってリラックスホルモンを出すのですね。しかも、普段、腹式呼吸はリラックスしているときにやっている呼吸なので、さらにだまされるわけです。

「呼吸」

効果ありますよ(* ̄▽ ̄*)ノ"


◆僕の作った声が出る商品!「ビューティーボイストレーナー」
「うわー!!声が出る!」と大好評( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 現在、約5万個も売れてます!


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
先日、緊張は自分のためにやってくれているいいヤツなんだ!ってことを書きました。

視点を変えると何事も変化できるので、「いいやつ」って思っただけでも、受け入れて落ち着いていくこともあるのです。( ̄  ̄) (_ _)うんうん

そして今日は、「緊張パート2」です。

いくら「いいやつ」って知ってもなかなか好きになれない・・・
そうですよね。
すぐは難しいかも( ̄  ̄) (_ _)うんうん

まず、自分にいいことをやってくれているのに、どうしていやなのか?

人は、主観で生きているから、自分で納得していないと、なかなか受け入れることができないんですよね。

例えば、
「タバコは体に悪いからやめたら?」って人から言われても、吸ってる人が納得して行動しないとやめれないのです。

でも、タバコ吸ってる人だって、「どこかではやめたい」って思っていてもなかなかやめれない。だから何とかしたいって思っているのですが。

これも、体が求めているからなんですが、意識より無意識のほうが強いんですね。

きっと緊張がいやな人は、頭と反対の反応をするからいやなんだと思います。

どんだけ、頭では「いいやつ」って思っても、体に緊張の症状が出ると「いかん!緊張してきた!やばい!いやだ!・・・」と思ってしまう。

どうして、緊張の症状がいやなのか?

これは、その人の体験・経験の中に答えがあります。

きっと緊張がいや人は、過去に緊張で失敗した経験があるのではないでしょうか。

緊張すると勝手に過去の失敗の記憶がよみがえり、不安な気持ちになってしまうのです。


ここを断ち切ることができると、緊張が本当にいいやつに変わります。

緊張しても、いい体験・経験をたくさんすると、脳が緊張は気持ちいいものなんだ!と思い込んでくれるのです。

脳って意外に単純なんですよ。

これからは「緊張したときにいい体験する。」これが増えれば、緊張が好きになります。

また、過去に緊張してもいい結果になったことはありませんか?
そういった緊張したときのいい結果を繰り返し思い出すだけでも効果はありますよ。(* ̄▽ ̄*)ノ"


◆僕の作った声が出る商品!「ビューティーボイストレーナー」
「うわー!!声が出る!」と大好評( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 現在、約5万個も売れてます!


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
緊張したことありますか?

きっとほとんどの人は、あるのではないでしょうか。

では、緊張って好きですか?

あんまいませんよね。好きな人( ̄  ̄) (_ _)うんうん


やっぱり、生徒さんも緊張ってヤツがいやだから、人前が怖いとか、うまく歌えなくなるとか、緊張を嫌います。

さて、ここで「緊張」とは、そんなに悪いやつなのでしょうか?

確かに、思うように体が動かなかったり、うまくいかなかりしたら、緊張のせいにしちゃいます。

でもどうして、緊張するのか?

人が緊張するときって、ちゃんと意味があるんですって( ̄。 ̄)ホーーォ。

何にもなくて、いきなり緊張する人っていませんよね。
また、「はい、今緊張して」って言われてもそんな簡単にはなれません。

緊張するときって、好きな人に会ったときや人前や慣れていない状況など、何らかの刺激があって体が反応するときに起こります。

脳が関係していて、ホルモンを出して、血流があがり、ドキドキするそうです。
で、これは、脳が「戦闘」ってモードになるからだそうなんです。

意識では、「緊張したくない!」って思っても、無意識が勝手にやるんですけど、脳が戦闘モードに入って「闘う」のか「逃げる」のか、体をすぐ動く状態にするからなんだそうです。

ちゃんと自分のためにやってくれていたのです。(* ̄0 ̄)ホー

悪いやつじゃないでしょ。

「緊張は自分にいいことをしてくれている。」って思えれば、少しは緊張しても自分を許せるかもしれないですよ。(* ̄▽ ̄*)ノ"



◆僕の作った声が出る商品!「ビューティーボイストレーナー」
「うわー!!声が出る!」と大好評( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 現在、約5万個も売れてます!


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
前回は、筋肉は続けることが大切という視点から書きました。

「続く」とは、やっても、やらなくても続くことなので、何が力になっているのかは、続いていることを見るとわかるんですね。

で、前も、「できて初めてOKにしたい」と思う。ってことも書きましたが、
「どこまでやれば、できたことなのか?」
「やったことになるのか?」
を書きたいと思います。

声は、筋肉で、鍛えることができる。

これは、何回も言ってますが、例えば、高音を出したくて、高音を出すトレーニングをするのですが、
なかなか思うように声が出ないと「意味あるのかな?」とも思ってしまいます。

高音だけではなく、リズム、大きい声、何でも良いのですが、トレーニングをしても、うまくいかないし、全然できないこともある。

それを、続ける事が大切とは書いたのですが、本当に力になっているのか?

不安ですよね。

( ̄  ̄) (_ _)うんうん


でも、ちゃんと力になっているんですよ。


だってやってますもん。
ちゃんと、声出したり、リズム取ったりしてますもん。

やるだけで良くなっていくんです。( ̄。 ̄)ホーーォ。


例えば、腕の筋肉をつけたくて、めっちゃ重いバーベルを持ち上げようとして、持ち上がらなくても
力ってつくと思いませんか?

その人が、バーベルが持ち上がって初めてOKって思っていたら、まったく動かなかったら
凹みますよね。

壁を押したって良いんですよ。
それだって腕の力はつくと思いませんか?


鍛えることって「続ける」ことなんですね。( ̄∇+ ̄)vキラーン

全然できなくても、やることを続ければ力になっていくのです。
目に見える結果だけではないのですね。

あっもちろんやらないことも続いているなら力になりますよ。
やらないことを鍛えているのです。


最初は、うまくいかないものです。
だからまずは、やってみよう。

その先には、素敵な未来が待てますよ(* ̄▽ ̄*)ノ"


◆僕の作った声が出る商品!「ビューティーボイストレーナー」
「うわー!!声が出る!」と大好評( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 現在、約5万個も売れてます!


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。