ボイストレーニング活用法!~実践ボーカルレッスン~

プロのボイストレーナーが実際のレッスンで行っている役立つメニューを公開!プロから音痴まで歌を教えてきて、使えて効果のあるボイストレーニングです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうすぐ名古屋駅前開校で、準備に忙しく走り回っています。

そんな中、風邪も引いてしまい、さらに足の薬指を壁の角にぶつけて、荷物運ぶのがチョットつらい感じで、頑張っております。痛い(T-T*)フフフ…

でも、名古屋校は、ほとんど完成なので、それを見ると、疲れがぶっ飛びますね。

とってもいい感じ( ̄▽ ̄) ニヤ

トイレもキレーだし、入ると勝手に電気ついて、勝手に便座が上がる!

いやーうれしいです。今度写真アップしよ。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


そんで、今日は、声のクセについて。

今日の生徒さんは、ちょっとクセのある人で(声にですよ( ̄ー ̄)ニヤリ)、それを何とかしたいとのことでした。

自分のクセを知るには、録音が一番!
まず、歌ってもらい声を録って聞いてもらいました。

その時に、注意ポイントがあるのですが、大体の人が「えーこんな声なのーやだー」と言います。

その気持ちは分ります。
慣れていない人ほど、自分の声を嫌がります。

だって、自分が思ってた声じゃないから(6 ̄  ̄)ポリポリ

自分が自分の声だと思っている声って、他の人が聞いている声と違うんですね。
世界に1人しか自分の声は聞けないんです。録音した自分の声が、自分以外の人が聞いている声で、周りの人は、その声をあなたの声だと思っています。

なので、その録音した自分の声を、「自分じゃない」と思って聞くことが大切です。

自分を客観視する。

人って自分に厳しいし甘いから、客観視することで、冷静に評価できるのです。

なので、録音した声を聞く時は、「これは他人だ!これを聞いてこの人がどうしたら良くなるか聞こう!」と完全に自分から切り離してから聞いて下さい。

クセが強い人ほど、意識してか、無意識か、それで歌うと歌は上手って思っているはずです。それか、歌はこう歌うものだ。と思っているはずです。

実際、クセが声の色も特徴も決めるから大切なんです。

ただ、わかって無い人も多いのです。
もしくは分っていてもやめられないか・・・
(これも無意識がいいと思っているんですけどね。)

なので、まず、自分のクセを客観的に分析が大切!
良い悪いではないんです。

で、今日の生徒さんも、クセに気づいて、直して言ってたから、ワンフレーズずつ直していきました。

あとは、繰り返し。

クセは、なかなか取れないから、新しくクセを付け直すつもりで挑むとよくなりますよ。(* ̄▽ ̄*)ノ"


●僕の作った声が出る商品!ビューティーボイストレーナー歌う人や声使う人には必須ですよ。
( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
スポンサーサイト
コメント

録音練習を日常化してから、自分の声が好きになりました!
もっと早くやればよかったーーー
でも名古屋にいた頃は、一人暮らしのマンションで
歌ったりできなかったのでできませんでした(汗)
最近ですね、私はMISIAの曲歌うときは発声がMIAIA式に変わるということがレッスンで分かりました。
先生にももっと歌を習いたかったのが悔やまれますが、きっとそういうタイミングでしたね!
2007/10/26(金) 19:09:49 | URL | ゆみ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://aysando.blog76.fc2.com/tb.php/118-aaf0f671
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。