ボイストレーニング活用法!~実践ボーカルレッスン~

プロのボイストレーナーが実際のレッスンで行っている役立つメニューを公開!プロから音痴まで歌を教えてきて、使えて効果のあるボイストレーニングです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
声はどうやって出来ているか?

考えたことありますか?

普通はあまりないですよね。

僕は、専門家だからそういう勉強とか好きで勝手に調べたりしてるんですけど。
当たり前か(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

まず声は、声帯が音を作ります。

のど仏の中にある筋肉みたいなのもです。
気管の上に左右にあり、その2本の声帯が擦れて音を作るんですね。

この時は、まだ声とは言えず、まー音ですね。それも小さい音です。
専門的には声帯原音っていいます。

じゃー声は声帯で出来ているのか?
って言えばそうかもしれませんが、僕は違う教え方をします。

声帯は、どうやって動いているのか?

気管の上にあるってことは、
そうです。

「息」です。

「息」で振動させるのですが、普段呼吸しているときは、動きません。

声を出そうそして時に初めて、声帯の左右がくっついてそこから息を出すときに振動して音になり声になるのです。

ただ呼吸してるだけでは声にならない。

何かを伝えようとしたときに初めて声になる。


「息」という字を良く見てみよう。


「自」の「心」で出来ています。


そう!


「自分の心」が無いと声にならないのです。w( ̄o ̄)w オオー!

息を通すだけではなく、ちゃんと自分の思いを伝えようとしたときに声になる。

人に伝えるためのに声は存在してます。

それには自分の思いが必要です。


声は「息(自分の心)」で出来ている。

こうやって考えると歌はやっぱり伝えるツールなんだなって思う。


上手い下手より、しっかり思いを伝えよう(* ̄▽ ̄*)ノ"


●僕の作った声が出る商品!ビューティーボイストレーナー歌う人や声使う人には必須ですよ。
( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
スポンサーサイト
コメント

なるほど!!自分の心を伝える。。。
息を出して、体の呼吸を伝えるのがわたしはある意味自分を伝えるって思っていました。
またひとつ、プラスして考えられました。
歌の楽しさ、素晴らしさをいつも教えていただいてありがとうございます♪
2007/12/26(水) 04:30:09 | URL | ホワイトノート #-[ 編集]

ホワイトノートさん

いつもステキなコメントありがとうございます。
元気を頂いてます。m(_ _)m

歌や声の素晴らしさを伝えられてうれしいです。
これからも頑張ります(* ̄▽ ̄*)ノ"

2007/12/26(水) 16:05:47 | URL | アンドゥー #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://aysando.blog76.fc2.com/tb.php/134-5b637529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。