ボイストレーニング活用法!~実践ボーカルレッスン~

プロのボイストレーナーが実際のレッスンで行っている役立つメニューを公開!プロから音痴まで歌を教えてきて、使えて効果のあるボイストレーニングです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の生徒さんは、歌声はかなりキレーなんですけど、なんかたんたんと歌ってしまう人だったんです。

そこで、アクセントを付けてメリハリを出すことにしました。

アクセントにも色々な付け方があるんですが、今日は、言葉に注目してみました。

その生徒さんは、滑舌もよく、声も安定していたので、まず、子音を意識してもらうことにしました。

子音の中でも、破裂音の「か行」に絞りました。
「K」と「A」を分けるようにゆっくり発音してもらい、特に「K」をしっかり、舌の奥を使って飛ばすように出してもらいました。

「K」は、舌の奥のほうを、上の奥歯に「グッ」と押し当て、その舌と奥歯の間から息を飛ばすように発声します。

その時に、「K」って言う無声音(空気音)が出るはずです。

破裂音なので、破裂させる感じで勢いよく出すとしっかり音が出ます。

生徒さんも、初めは、息が全然出ていなかったんですが、少しずつ出てきて、「K」が飛ぶようになってきました。

いい感じ!

そしてそこに「A」を乗せて「か」と発声する。

そうすると、イイカンジで「か」が出てきたので、何度か練習した後、早速歌に入れてみました。

まず、歌詞の中にある「か行」にすべてチェックを入れてもらい、練習したように「か行」を意識して歌ってもらいました。

そしたら見事に、かっこよくなり、僕も生徒さんも「おーよくなった!なんかメリハリがついた!」と大喜びでした。

言葉にアクセントを入れることで、歌にメリハリがついただけでなく、「今までメリハリはあまり意識したことがなく、私はたんたんと歌っていたんだな」ってことに気付いていました。

「ボイトレってやってみないとわかんないこともたくさんあり、今までより良くしたいって思っていても、やって気付くことがある」ってことに気付いたらしく楽しいと言ってくれて僕も良いレッスンができたなと嬉しかったです。

スポンサーサイト
テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用
コメント
い、いつの間に
みーつけたっ☆(笑)
朝からビックリしました~。

メリハリ・・・メリハリ・・・。
とても他人事とは思えない(笑)
漢字で書くと、減り張りって書くらしいですが
語源はメリカリっていう音の高低を表す単語だそうですね。

子音だけでもそんなに違うのか!ってちょっと意外で驚きました。

最近色々自分に関しても発見がありました。
リズムを取りたくないっていう気持ちの理由が(多分)分かりました。
今更なんですけどね・・・。(・ω・`;)

なんか先生の文章って、違う人みたいです。
2006/09/28(木) 06:44:21 | URL | ゆみ #-[ 編集]

こんなん始めてみました。

語源あったんだぁ~シラナカッタ
勉強になりました。
ありがとう!

リズムの理由聞きゃなきゃ!

2006/09/28(木) 16:14:55 | URL | アンドゥー #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://aysando.blog76.fc2.com/tb.php/2-51845871
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。