ボイストレーニング活用法!~実践ボーカルレッスン~

プロのボイストレーナーが実際のレッスンで行っている役立つメニューを公開!プロから音痴まで歌を教えてきて、使えて効果のあるボイストレーニングです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さぁ。今日のボイトレは、「犬になれ」です。

ナメてませんよ。
犬だけど!

( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

まじ、怒られそうですが、これは、声帯を鍛える方法です。

僕はいつも、声は筋肉だ!!と言っていますが、
声帯も筋肉なんですね。

なので、ちゃんと鍛えることで、声は良くなる。( ̄  ̄) (_ _)うんうん
で、その声帯の鍛え方が、「犬になること」なんです。

ついてこーい( ̄ー ̄)ニヤリッ

犬と言っても、ワンワン吠えろと言っているのではなく、
犬の遠吠えをしてほしいのです。

あの「うぉーーーーーーーーーお」ってやつ。


声帯と言うのは、伸縮することで、音程を変えています。
声が低い時は、声帯が緩んで、低い音が出ます。
高い時は、声帯を伸ばして高音を出します。

この声帯を伸縮させることが目的。

当然、声帯を伸縮させる為に声帯を動かす筋肉が動きますよね。

そして、筋肉と言うのは、使って動かさないと鍛えることができないのです。
だから、ずっと黙っていたら、声はだんだん衰えてきますよ。

そこで、効率良く声帯を伸縮させる為には、低音から高音を何度か出してあげると
声帯の筋肉はしっかり動きます。

高音をいきなりだそうとすると、ノドに負担がかかりますので、
低音から出してだんだん高音を出すと、声帯に負担は少なく
高音を出すことができます。

犬の遠吠えは、自然に「うぉーーー」と低音から高音になっていくのです。

ためしに、ゆっくり遠吠えしてみて下さい。

うるさいって言われますよ。
冗談です。( ̄▽ ̄)


低音から高音になりませんか?

すぐ高音になってしまう人は、ゆっくり音程を上げていってみてください。

これで、あなたの声帯は鍛えられています!

犬の遠吠え。

何度か、無理の無いように続けてみて下さい。
ちゃんと声が出るようになります。

結構声が出るので、大きい声出してもいい環境で試してね。(* ̄▽ ̄*)ノ"


僕の著書「得する声 損する声 ~即効で実感できる7つのボイストレーニング~」発売日1日で売り切れになり、アマゾン3部門で1位を獲得!!

◆僕の作った声が出る商品!「ビューティーボイストレーナー」
「うわー!!声が出る!」と大好評( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 現在、約5万個も売れてます!


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://aysando.blog76.fc2.com/tb.php/268-ac4bae44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。