ボイストレーニング活用法!~実践ボーカルレッスン~

プロのボイストレーナーが実際のレッスンで行っている役立つメニューを公開!プロから音痴まで歌を教えてきて、使えて効果のあるボイストレーニングです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、チケットで僕のレッスンを始めて受けてくれた生徒さんでした。

声を聞いた事がないので、まずは、カウンセリング。

「どうしたいですか?」
と質問しました。

そしたら、「昔、小学生の時、音楽の授業で、ラララ~を、3度で上がって4度で下がる。」って
先生が言って、意味が分からなくて、同じ音で「ラララ~」って言ってたら、友達から「違うよ」って
言われて、なんかショックで、それ以来あまり声を大きく出していなくて・・・
と語ってくれました。

声とか歌って、意外にトラウマがあるんです。(- -) (_ _) ウン

案の定、歌ってもらったら、声をあまり使ってないので、
声が全然出ていませんでした。

でも、その生徒さんは、その昔のトラウマを克服したいためにやってきたらしいのです。

僕はそんな人の為に存在しているので、
「どうして声が出るのか?」「どうやったら声は出るようになるのか?」などを
しっかり説明して、レッスンを進めました。

正直、歌は、音程が外れまくっていました。
彼も気づいてはいるのですが、どうしたらいいのかわからないとのこと。

そこで、
「わざとじゃないでしょ?君は合っていると思って一生懸命歌ってるんでしょ?
でも、なぜか、外れちゃうんだよね?」と聞くと、「はい・・・」とのこと。

そうなんですね。

どんな人もわざと下手に歌う人はいないと思います。
その人の中では、真剣だし、悩んでいる人ほど、何とかしたいと思っているんです。

でも、音を外すからって笑われてたり、馬鹿にされたりすれば傷つきますよね。

その生徒さんも懸命に歌っているんです。
でも、なぜか音を外してしまう。

ぼくは、この子を満足させてあげたいと思い、
トレーニング方法や声の原則など、かなり熱く語りました。(* ̄ー ̄*)

声の筋肉は、言葉を覚える小さい時に作られます。
そして、クセが出来てきます。

なので、大人になるとしっかり意識しないとなかなか変化しないんですね。
でも、筋肉だから、やれば絶対変化する。

そんな話をして、声帯を鍛えるトレーニングをやりました。

音程が苦手だったので、声を録音して自分で確認するように進めました。
あとは、ひたすらトレーニング。

口の形、姿勢、基本からしっかり教えました。

だんだん声が出てくるから面白そうでした( ̄ー ̄)ニヤリッ

ちゃんと声は持っていて、あとは、鍛えて使うだけ、ということが
少し伝わったみたいでうれしかったです。

今日もいいレッスンができました。
ありがとう(* ̄▽ ̄*)ノ"

僕の著書「得する声 損する声 ~即効で実感できる7つのボイストレーニング~」 発売日1日で売り切れになり、アマゾンランキング3部門で1位を獲得!!

◆僕の作った声が出る商品!「ビューティーボイストレーナー」
「うわー!!声が出る!」と大好評( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 現在、約5万個も売れてます!


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://aysando.blog76.fc2.com/tb.php/281-8ff3a348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。