ボイストレーニング活用法!~実践ボーカルレッスン~

プロのボイストレーナーが実際のレッスンで行っている役立つメニューを公開!プロから音痴まで歌を教えてきて、使えて効果のあるボイストレーニングです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッスンに通う生徒さんで、1番の悩みは、やはり「高音」。

みんな高音を出したいのですね~。

わかるわかる。(- -) (_ _) ウンウン

だって僕も出したいもん。(* ̄▽ ̄*)エヘッ


もうすぐ発表会で僕も歌うんですけど、
その曲が高いんだな~。

何を歌うかは、当日のお楽しみなんだけど、
むかーーしの曲で、その頃若いアーティストの曲だから
ちょいと高いんですね~。

やはり、若さと高音は関係ありますよ。
昔なら余裕で出てましたもん。

声は筋肉って痛感する。

年を取るほどに鍛えて、キープしていかないと声は低くなりますからね。

僕は、自分にキーを合わせるので、いつもなら下げて歌うんですけど、
なんか今回は元キーで行きます。

講師陣が全員出るのですが、
みんな忙しいから、ほとんど一緒に練習しない。
1回合わせただけ。

あとは、本番のリハと本番だけなのです。

さすが、みんなプロなんだけど、各個人でやらないとね(- -) (_ _) ウン

何が心配って、歌よりもネタ( ̄ー ̄)ニヤリッ

講師演奏は、歌よりネタに力が入ってる感じだもんね。

最近は、歌の学校?いやネタの学校だろうって思われてるんじゃないのってくらい。
生徒さんもネタ仕込む人が多くなってるし。

楽しいからいいけどね(* ̄▽ ̄*)


で、高音には、やはり「支え」が必要。
しっかりお腹で支えて、口あけて、喉あけて、そして、力を抜いて声を出す。

支えの力は必要だから、ちゃんと鍛えないとやはり高音って出ない。

支えのコツは腰回りを張ること。

声はイメージとしてロケットみたいなかんじです。
ロケットって、上に飛ぶけど、下にゴーって火吹いてるでしょ。

あのゴーが「支え」
だから、お腹、腰回りが張るんですね。

実際、ロケットイメージしながら声出すと出たりしますよ。

さぁ!しっかり支えて高音を出すぞ!!(* ̄▽ ̄*)ノ"


◆アンドゥーが講座をやります!!「こんな時代だからこそ知っておきたい!自分らしい人生を送るための脳と言葉の磨き方講座」←今すぐクリック(* ̄▽ ̄*)ノ"


僕の著書「得する声 損する声 ~即効で実感できる7つのボイストレーニング~」 発売日1日で売り切れになり、アマゾンランキング3部門で1位を獲得!!

◆僕の作った声が出る商品!「ビューティーボイストレーナー」
「うわー!!声が出る!」と大好評( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 現在、約5万個も売れてます!


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
スポンサーサイト
コメント

久しぶりのコメントです。

高音て出せたほうがいいですけど、歌ってやっぱり技術じゃなくて伝わるかどうかなので声域・声量はあまり使わないで伝わるんだったらそのほうがいいですよね^^

トレーニングはしてますが僕の場合、目的は「声を丁寧に扱えるようにすること」で声域とか声量は結果的に拡がるんだったらそれでいいと思っています。
2009/03/11(水) 12:30:39 | URL | odakazumsa #DL4eDHzc[ 編集]

odakazumsaさん

コメントありがとうございます。
そうですね。歌は伝えることが大切。

声を丁寧に扱えるってすばらしいですよね。
そんな目的で歌っているodakazumsaは素敵だと思います。
2009/03/13(金) 14:05:50 | URL | アンドゥー #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://aysando.blog76.fc2.com/tb.php/291-5741095e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。