ボイストレーニング活用法!~実践ボーカルレッスン~

プロのボイストレーナーが実際のレッスンで行っている役立つメニューを公開!プロから音痴まで歌を教えてきて、使えて効果のあるボイストレーニングです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、声をクリアの出す方法です。

歌の発声でも、コミュニケーションの発声でも
声を明るく、クリアに出したいって人はたくさんいます。

声がこもると暗い感じになるし、
かつ舌も悪くなりますからね。

せっかく、思いを伝えても、声がこもることで
声が通らなかったり、何度も聞き返されたり・・・

そんな悩みは、この方法で解決!!( ̄ー ̄)ニヤリッ

やり方は、とっても簡単。

声の通り道を確保するです。


・・・( ̄△ ̄;)エッ・・?


伝わってますか?


声の通り道。 です。

声は、声帯が振動して、音を作ります。

その音が、喉の空洞や口の空洞を通って音を大きくして
口から出てきます。

そう声は、口から出てきます。

その口の中を少し意識してもらいます。

まずは、舌。

こもる人の多くは、
この舌が奥まって声の通り道をふさいでいる可能性が高いです。

試しに「あいうえお」って言ってみてください。

そのとき、あなたの舌先はどこにありましたか?

実は、舌先は、ちゃんと下の歯の裏についてないといけません。
母音のときは、舌先を意識する。

日本語は、子音の後に必ず母音が来るから、口の形は
母音で舌先は舌の裏につけていてくださいね。

これでかなり、こもりは改善するはず。

そして、さらに、声が口の中を通る時に、上あごをなぞるように
声が出ていくのを意識してみてください。

声が口の上あごをなぞるように意識するだけで、勝手に声がクリアになり、
高音も出しやすくなります。

細かく言うと、あたりと言って、声が上あごに当たる感じで声を
出すと、声の音域が少し明るく高めになるんですね。

もちろん、口も大きめの方が声は出ますよ。

「声の通り道を意識する。」

どうでしたか?

声は意識することで確実に変わりますから、
思うように変化させて、声をクリアにして、思い存分伝えてくださいね。(* ̄▽ ̄*)ノ"


◆5月16・23・30日 6月6日の(土)「緊張・あがり克服講座」

◆5月30日(土)「ビジネスコミュニケーションスキルアップ講座」

僕の著書「得する声 損する声 ~即効で実感できる7つのボイストレーニング~」 発売日1日で売り切れになり、アマゾンランキング3部門で1位を獲得!!

◆僕の作った声が出る商品!「ビューティーボイストレーナー」
「うわー!!声が出る!」と大好評( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 現在、約6万個も売れてます!


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://aysando.blog76.fc2.com/tb.php/309-9260fa46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。