ボイストレーニング活用法!~実践ボーカルレッスン~

プロのボイストレーナーが実際のレッスンで行っている役立つメニューを公開!プロから音痴まで歌を教えてきて、使えて効果のあるボイストレーニングです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、どのくらい声が出るのか音階(レンジ、声の幅)を調べました。

まえ、「キー」のときにも書いたのですが、人にはそれぞれ持っている音階があります。

「低音のどこから、高音のどこまで出るか」ってことですね。

最初は、「あー」って声を出してもらって、「ド」から半音ずつ、調べていきます。

ここで、ある傾向があって、「あー」だと、実はいろんな力を使うことができて、以外に、出る人は出るんです。( ̄O ̄;) ウォッ!

すごい人だと3オクターブぐらい。
かなり広いんですね。

ただ、高音の後半は、たいがい力みまくりの、無理やり出すことになってるのですが(-""-;)ムム・・・

それだと、音としては持ってるかもしれないけど、ノドつぶしかねないし、歌に使いずらいです。

そこで、ある程度正確に「レンジ」を調べる方法があるので教えちゃいます(* ̄ー ̄*)ふふん。


それが、「ハミング」です。


「ハミング」分かります?

鼻歌みたいに軽く出すやつ。

「ハミング」は、声帯の音が鳴っているんですけど、口も閉じてて、無駄な力が入りづらく、声としては、元に近い音なんです。

これで、「レンジ」を調べてみると、さっきまで「あー」で頑張って出ていた声が、裏声になってしまい、出なくなる人が多いんです。

3音ぐらい変わる人もいますね。

差がある人ほど、「あー」と声を普通に出しているときに、実は力んでしまっているんです。
( ̄□ ̄;)ギョッ

なので、まず「ハミング」で声がしっかり出るように、鍛えることをお勧めします。

「ハミング」でも力みは大敵なので、気をつけて楽に出してくださいねd( ̄∇ ̄*)oグッ!


これを「ぽち」っとするとあなたの「やさしさ」が上がります( ̄∇+ ̄)vキラーン
・・・間違いない。
人気ブログランキングバナー  
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://aysando.blog76.fc2.com/tb.php/34-b5e470ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。