ボイストレーニング活用法!~実践ボーカルレッスン~

プロのボイストレーナーが実際のレッスンで行っている役立つメニューを公開!プロから音痴まで歌を教えてきて、使えて効果のあるボイストレーニングです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりにボイトレを書きます!!

やべ~。ボイトレのブログなのにかなり久しぶり(* ̄ー ̄*)エヘッ

今日は、母音の使い方。

むか~し、このブログで母音の口の開き方も書きましたが、
今回は「歌にどう使うのか?」です。

みなさんご存じの通り、
日本語は母音発声と言われていております。

「あいうえお」か母体になっている言葉なんです。

「か」も「さ」も「ぴ」も「にゅ」も
「KA」と「SA」と「PI」と「NYU」と

日本語は全部母音がつきます。「ん」以外は。

子音に必ず母音がくっついているんですね。


僕はよく、おかあさんに子供がおんぶしている言葉と言いますが、
日本語の子音は、お母さんに必ずおんぶしてもらってできているんですね。(- -) (_ _) ウン


甘えん坊な日本語( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


ちなみに英語は、子音発声と言って、
母音がなくてもそれだけで発音されます。

自立してるんですね。(- -) (_ _) ウン
(深い意味はないですが・・・)


そこで、日本語で歌を歌っている場合
日本語なので必ず母音がついてます。

そして、その母音を上手に歌で利用してほしいのです。


たとえば、

「さいた~ さいた~」と歌詞があります。

これを上手に歌うには、たとえば、

「さぁ い たぁ~ さぁ い たぁ~」

と母音をさらにつけて歌ってみるのです。

歌詞を見てるだけではそんなこと書いてませんが
実際、ほとんどの歌手が母音をつけています。

譜面にも書いてあるのとないのがあります。


もちろん全部につけると変になりますので、
歌いながら考えて付けてくださいね。

これによって、表現力がぐっと良くなります。

たまにやりすぎる人がいるのと、勝手に付きすぎる人は、
逆に、母音をつけずに歌うとカッコよく歌えます。


また、スッキリ、テンポ良く歌いたいときはあまりつけず、
雰囲気良く歌いたい場合はしっかりつけるといいですね。


母音をつけると甘えん坊な言葉だけに
甘い感じになります。( ̄ー ̄)ニヤリッ


お試しあれ(* ̄▽ ̄*)ノ"


僕の著書「得する声 損する声 ~即効で実感できる7つのボイストレーニング~」 発売日1日で売り切れになり、アマゾンランキング3部門で1位を獲得!!

◆僕の作った声が出る商品!「ビューティーボイストレーナー」
「うわー!!声が出る!」と大好評( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 現在、約6万個も売れてます!


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://aysando.blog76.fc2.com/tb.php/387-65f674da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。