ボイストレーニング活用法!~実践ボーカルレッスン~

プロのボイストレーナーが実際のレッスンで行っている役立つメニューを公開!プロから音痴まで歌を教えてきて、使えて効果のあるボイストレーニングです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回からだいぶ開いてしまった・・・

さー頑張って書くぞw( ̄o ̄)w オオー!

母音は最終回の「お」です。
みなさん「あ、い、う、え」は覚えてますか?

基本は同じですよー。

では、いつもと同じく次の3つを用意してください。

1、あなた。
2、鏡。
3、口の形を知りという気持ち。

でははじめます。

まずは今の自分を知るために、「おー」って言ってみてください。

そのまま鏡を見てー今のあなたの「『お』の形」を覚えておいてくださいね。


では、僕の教えている「『お』の形」を書きます。

何回も書いてますが、口の形が大切です。
あまり開いていないのは声がしっかり出ません。

まず、前回やった「う」を使用します。
覚えてますか?

唇をタコのようにして、指1本入るぐらい口は開いて、 歯は開いていてみえるようにして、舌先は下の歯の裏につけます。

できましたか?

そして「うー」と言って下さい。

そしてそのまま唇はキープして下あごを下げていきます。
口を開けていく感じです。

どうですか?

勝手に「うー」が「おー」になっていくのが分りますか?

あまり開けすぎると「あ」に近づいてくるので少し口を開けるだけですよ。
あと、舌が下がっていきやすいのでキープです。

このように、「う」と「お」は形はとても近いので、あまり変らなかったって人は、「うおーー」と言って下さい。
「う」の形から下あごを少し下げながら「おー」と言う感じです。

そうするとキレイに「お」が出るはずです。

「う」と「お」は唇の形がしっかり前に出て形を作ることが大切です。

唇の筋肉は鍛えられるのでしっかり動かして鍛えましょう。
また今度鍛え方書きますね。

では、まとめると。
「う」の形をキープして口は開いてますか?
歯はみえますか?
舌先は下の歯の裏についてますか?

では、力を抜いて「おー」と声を出してみて下さい。

いい「お」が出るでしょ( ̄ー ̄)ニヤリッ
最初の自分の「お」と声の出方が違うでしょ。

ついに母音終了!!

母音を制するものは日本語を制する。

それくらい大切なのですv( ̄ー ̄)v

人は忘れやすい動物なので、出来ましたら何度も読んで復習して身につけて下さいね。(* ̄▽ ̄*)ノ"


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
スポンサーサイト
コメント

合唱やってた頃って、日本語に使う時間が多かったので、英語やイタリア語の曲って歌いにくかったんですが、
最近はむしろ日本語のほうができないかも??
口の開き方を忘れかけてるからかも知れません。
今一度、復習しておこうと思います★
2007/07/11(水) 19:45:44 | URL | ゆみ #-[ 編集]

ゆみさん

口の開き方って当たり前すぎて普段やらないからね。

基本って大切なのだ(* ̄▽ ̄*)ノ"
2007/07/11(水) 19:57:20 | URL | アンドゥー #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://aysando.blog76.fc2.com/tb.php/96-ebe97599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。