ボイストレーニング活用法!~実践ボーカルレッスン~

プロのボイストレーナーが実際のレッスンで行っている役立つメニューを公開!プロから音痴まで歌を教えてきて、使えて効果のあるボイストレーニングです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、レッスンで、かなり音痴に悩む生徒さんをレッスンしたのですが、
以前からレッスンを見ていて、ある方法を使って音痴を治そうと
その方法を教えていました。

今回は仕事も忙しい子だったので久しぶりのレッスンでした。

僕のレッスンは久しぶりだったので
その彼は少し緊張の様子でしたが
歌を聞いてびっくり( ̄O ̄;) ウォッ!


かなり音痴が改善されていたのです!!


歌い終わって、「わ~緊張した!」と言った彼に
「ちょっとめっちゃ良くなってるじゃん!!」と声を掛けました。


そしたら彼が

「先生に教えてもらった練習やってますもん」って( ̄ー ̄)ニヤリッ


その方法がとても効果を発揮したのです。

以前は、歌っても、ほとんど音をはずしており、
自分では一生懸命歌っているので、何とかしたい!!
と言う悩みを抱えていたので、本当にうれしかったです。

彼も、効果を実感していたので
とてもうれしそうでした。

やっぱり音痴は良くなるんですね。(- -) (_ _) ウン

彼ががちゃんと続けてやってくれていたのが
よかったですね。


やはり何事も継続。

続けることが力になるんです。


では、その方法です。(* ̄ー ̄*)ふふん。

確か以前書いたと思いますが
また書きますね。

とってもカンタンです。


歌のメロディーを鍵盤でとる。
そして、ひたすら声を合わせて歌う。


やることはたったそれだけです。

ただ、音痴の人は鍵盤に慣れてない人が多いので、
小さい鍵盤でもいいから家で必ずやってほしいですね。

ちゃんと弾けなくてもいいんです。


きっと最初は1音すら取れない人もいます。
彼もそうでした。

なので、最初はヒントを出しながら一緒に探してあげます。

ここで大切なのは、ほとんど僕は答えを教えません。

彼に懸命に取ってもらいました。
音痴から脱出したい!!という熱い思いを
しっかり動かして乗り切りました。

どんな苦手な人でも
やっていけばだんだんコツはつかめてきます。

あとは僕はほとんどサポート。

これを3~4か月くらいひたすら続けました。


そしたら、めっちゃよくなってました。( ̄ー ̄)ニヤリッ


まだ音は外しますが、明らかにとれている音の方が多いんです。


やっぱり生徒さんに喜んでもらえるのが
うれいいですね。


これからも喜んでもらえるレッスンを心がけていきたいです。(* ̄▽ ̄*)ノ"


◆8月29日(土)「ビジネスコミュニケーション発声講座」毎回、満員御礼の人気講座!!
あなたの声はどんな声?声を鍛えて使いこなしましょう( ̄ー ̄)

僕の著書「得する声 損する声 ~即効で実感できる7つのボイストレーニング~」 発売日1日で売り切れになり、アマゾンランキング3部門で1位を獲得!!

◆僕の作った声が出る商品!「ビューティーボイストレーナー」
「うわー!!声が出る!」と大好評( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 現在、約6万個も売れてます!


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
久しぶりのボイストレーニングです。


アイズには、歌が上手くなりたいっという人がたくさん来ます。

うちとしてはとってもうれしいことですが、
歌を早く上手く歌う方法があったら知りたいですよね。

そりゃそうです。

そこで今日は、「歌を早く上達する方法」
を書きたいと思います。

アイズに来る生徒さんもそうですが、
きっと今はカラオケに行ったことのある人は
多いと思います。

行きたくないと思いながらも・・・

ということは、
歌を歌う機会がありますよね。

実は、この歌を歌うときに
どういう意識を持って歌っているのか?
によって、歌の良し悪しは変わってきます。

歌が上手い人ほど、
やっていることがあるんです。

歌が上手い人ほどやっている方法です。

知りたいですね~( ̄ー ̄)ニヤリッ


それは、上達するために自分に何を課して歌っているのか?
ということです。


もちろん、楽しく歌うことは大切なんですが、
何かテーマを決めて歌うことが大切ということです。

例えば、次はリズムをこう意識して歌ってみようとか、
あのフレーズをこうやってうたってみようとか、

もちろん、いきなりその通りなんて歌えません。

上手く行かなかったらどうしたら上手くいくのか考えて
またやってみる。


アイズでも生徒さんがよく言うセリフは
歌に必死で何も考えてませんって言うんです。

いきなり、全部上手くはいきません。

歌って歌うたびに変化するから
ある意味完成ってないんですよね~。

ちゃんと、自分でテーマを決めて歌う。


このやらなくても別にいい事を
自分に課してできるかが大切なんですね。

でもこれが、歌が上手くなる早道です。

歌うたびにテーマを決めて
少しずつ理想に近づけてみよう!!(* ̄▽ ̄*)ノ"


◆8月29日(土)「ビジネスコミュニケーション発声講座」毎回、満員御礼の人気講座!!
あなたの声はどんな声?声を鍛えて使いこなしましょう( ̄ー ̄)

◆9月26日(土)から隔週土曜日に「緊張・あがり克服講座」を行います。前回大好評のうちに終了した講座です。緊張を克服したいあなた!!これを機会に自信をつけましょう。

僕の著書「得する声 損する声 ~即効で実感できる7つのボイストレーニング~」 発売日1日で売り切れになり、アマゾンランキング3部門で1位を獲得!!

◆僕の作った声が出る商品!「ビューティーボイストレーナー」
「うわー!!声が出る!」と大好評( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 現在、約6万個も売れてます!


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
今アイズは、団体レッスンでかつ舌のトレーニングをしているのですが、
かつ舌で大切なのが、口の形。

声・言葉は口の形が大きく関わってきます。

例えば、「あいうえお」と言って見てください。


その時、舌の先はどこにありましたか?


きっと、下の歯の裏に軽く付いてる感じだと思います。

もし、舌先が奥まってるのであれば、
声がこもっている可能性があります。

声は、口から出てくるので、舌や口の形によって
大きく変化するのです。

ということで、「あいうえお」の口のあけ方をやりましょう~。
とレッスンで行っているのですが、このかつ舌の練習をして
声を出す時に、口の形は良くなっても、声がもっとしっかり出るといいな。
と思う人が多いんですね。

かつ舌の練習なので、もちろん口の形が大切ですが、
その口の形のまま声を出してもらうと、声自体が気になっちゃんですよね~。

良くなるところができると
できてないところが目立ってくるんですよね。

僕が、見本で出している声と
生徒さんが出す声があまりにも違う時があって、
この前は、かつ舌から発声のレッスンに変わっていました。

口の形はキレイになっているので、声も出てはいるのですが
言葉を作る筋肉のトレーニング以前の筋肉、声帯や腹式の筋肉が
弱いんですよね。

僕の意識してやっているトレーニングの順番が

まず、「息」

呼吸ですね。腹式呼吸や支え

そして、その息で「声帯」を振動させて声を作ります。
そして、その声が口腔や鼻腔などの「共鳴腔」で響いて、
口の形などを変える「調音」で言葉をつくり、「表現」されていく。

これをまとめて

息→声帯→共鳴腔→調音→表現

かつ舌は、調音になるので、ここだけで
よくなってない部分は、他の部分になります。


声は筋肉で作られるので
それぞれがバランスよく機能しているといい声になります。

まずは、ストレッチをしっかりやって
順番はできたら、息から表現でいけるといいですが、
今回みたいに、どこかが変化することによって
他が見えてくることが多いので、気になるところから
鍛えて、全体にバランスを取っていきましょう。(* ̄▽ ̄*)ノ"


◆5月16・23・30日 6月6日の(土)「緊張・あがり克服講座」

◆5月30日(土)「ビジネスコミュニケーションスキルアップ講座」

僕の著書「得する声 損する声 ~即効で実感できる7つのボイストレーニング~」 発売日1日で売り切れになり、アマゾンランキング3部門で1位を獲得!!

◆僕の作った声が出る商品!「ビューティーボイストレーナー」
「うわー!!声が出る!」と大好評( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 現在、約6万個も売れてます!


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  

今日は、声をクリアの出す方法です。

歌の発声でも、コミュニケーションの発声でも
声を明るく、クリアに出したいって人はたくさんいます。

声がこもると暗い感じになるし、
かつ舌も悪くなりますからね。

せっかく、思いを伝えても、声がこもることで
声が通らなかったり、何度も聞き返されたり・・・

そんな悩みは、この方法で解決!!( ̄ー ̄)ニヤリッ

やり方は、とっても簡単。

声の通り道を確保するです。


・・・( ̄△ ̄;)エッ・・?


伝わってますか?


声の通り道。 です。

声は、声帯が振動して、音を作ります。

その音が、喉の空洞や口の空洞を通って音を大きくして
口から出てきます。

そう声は、口から出てきます。

その口の中を少し意識してもらいます。

まずは、舌。

こもる人の多くは、
この舌が奥まって声の通り道をふさいでいる可能性が高いです。

試しに「あいうえお」って言ってみてください。

そのとき、あなたの舌先はどこにありましたか?

実は、舌先は、ちゃんと下の歯の裏についてないといけません。
母音のときは、舌先を意識する。

日本語は、子音の後に必ず母音が来るから、口の形は
母音で舌先は舌の裏につけていてくださいね。

これでかなり、こもりは改善するはず。

そして、さらに、声が口の中を通る時に、上あごをなぞるように
声が出ていくのを意識してみてください。

声が口の上あごをなぞるように意識するだけで、勝手に声がクリアになり、
高音も出しやすくなります。

細かく言うと、あたりと言って、声が上あごに当たる感じで声を
出すと、声の音域が少し明るく高めになるんですね。

もちろん、口も大きめの方が声は出ますよ。

「声の通り道を意識する。」

どうでしたか?

声は意識することで確実に変わりますから、
思うように変化させて、声をクリアにして、思い存分伝えてくださいね。(* ̄▽ ̄*)ノ"


◆5月16・23・30日 6月6日の(土)「緊張・あがり克服講座」

◆5月30日(土)「ビジネスコミュニケーションスキルアップ講座」

僕の著書「得する声 損する声 ~即効で実感できる7つのボイストレーニング~」 発売日1日で売り切れになり、アマゾンランキング3部門で1位を獲得!!

◆僕の作った声が出る商品!「ビューティーボイストレーナー」
「うわー!!声が出る!」と大好評( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ 現在、約6万個も売れてます!


最後まで読んでくれた優しいあなた。応援の「ぽち」お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングバナー  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。